ドクター紹介

  1. >

Dr.YOKOは美容皮膚科の先生。というよりも
トータルビューティーをプロデュースする
「真の美」のホームドクターです。

美容医療のプロとして、患者様を美しくするために
責任をもってご提案・治療を行っています。
美しくなるためには必ずポイントがあります。
そのポイントをしっかりと捉え、美の方法を責任持って選んでいきます。
また、本当に適したもの以外、ご提案しないとお約束します。
今よりも美しくなりたい。そう思う方は
まず、Dr.YOKOのカウンセリングを受けてみてください。
患者様のことを一番に考え、より美しくなるためのお話をいたします。

ドクターヨーコ・ビューティーテラス・クリニック

院長 萩池 洋子
Yoko Hagiike, M.D.

【経歴】

  • 東京女子医大卒
  • 岡山大学頭頚部外科助手
  • 徳島大学病院助手
  • 岐阜大学病院医員
  • JR東海病院医長
  • 米国UCLA血液学/腫瘍学にて研究員
  • ナショナル・レーザー研究所(アリゾナ)
    臨床集中コース卒

【所属・資格】

  • アドバンスト・エステティック美容皮膚科(AZ)
  • メディカル・アシスタント
  • 臨床治験管理者認定(UCLA)
  • レーザー安全基準管理者認定(USA)
  • 更年期と加齢のヘルスケア学会 幹事
  • 日本サプリメント学会 幹事

患者様の本当の「美しさ健康」を一緒に考えます。
患者様の喜ぶ顔を見るのが、何よりの喜びです。
一緒に喜べる存在でいたいと願っております。

誰しもどこかに悩みを持って生きています。
悩んでいても人に話せなかったり、それどころか、どこへ相談に行けばいいのか分からなかったりされている方が多いのではないでしょうか。
どんな些細なことでもすぐに相談できる存在があるということは、勇気となり、心の支えにもなり、そして生きる力になります。 病院へ行くことも迷ってしまう、小さな悩みをどこへ相談すればいいのか分からない方へ、私が自分の経験と知識で患者様の「お悩み」に寄り添ってさしあげれる存在になりたい、患者様と一緒に解決へと向かっていく、そんなクリニックでありたいと思っております。

医療において「木を見て森を見ず」の状態のように、「臓器を診て人を診ず」と批判に値する状態のことがしばしば見受けられます。
「シミ」「しわ」「たるみ」など、お客様の単体のコンプレックスを診ながらも、実はその根本にある、内面的なバランスやストレスコントロールなど、その方特有の複合的なコンプレックスの原因を見極め、多面的からアプローチすることが大切だと考えています。それこそが、お客様が本当に願っている「健康できれいな若い肌でいたい」を実現し、「内面から整えられた真の美しさ」へ到達する最短距離と私は、考えます。
お客様へ寄り添いながら、チーム一丸となりご一緒に最適な方法を探し出したいと願っているからです。

美と健康は、継続されるケアによって、1年後の自分、5年後の自分を作り上げます。当院は、「真の美」のホームドクターとして、お客様へ寄り添いながら、お客様一人ひとりの異なる肌に合わせた、あなただけに向き合ったケアを統合的に提案いたします。